推奨品

パッシブ換気・床下暖房システム

基礎断熱した床下を利用する自然給気と煙突排気、床下暖房を組み合わせ、ローコストで効率的な換気・暖房システムを作ることができます。
暖かい空気が上に昇る性質を利用した機械に頼らない換気の方法です。


パッシブ換気を採用した住宅では、基礎断熱をした床下に暖房機を置いて暖房すると、快適で良好な暖房が実現できます。

■快適性が高い
■コストが低い
■暖房器具が室内に無い
■保守が容易

換気のための外気導入方法は、室内の温度環境の保持と深く関わる重要な課題です。
床下給気方式のパッシブ換気は、集中的に給気予熱できる点に大きな特徴があります。


そのためには、以下のような事が必要です。

 ■高い気密性能の確保
 ■基礎断熱工法
 ■排気口の高低差

計画的に換気を行うためには、気密性能を高め空気の出入り口を限定することが大切です。そのため、隙間相当面積2c㎡/㎡を超えないようにすることが必要です。

床下が新鮮空気の取り入れ口となるため基礎断熱仕様とし、床下の防腐処理などは必要最小限にとどめ、地盤の防湿についても土間コンクリートなどで完全に行います。

排気口は屋根最上部に上向きに取り付けるのが一般的です。


トイレや浴室からの局所換気を、温度差が無いときのシックハウス対策用の機械換気装置とします。
換気能力が、取り付けられた換気装置の合計で0.5回/時間以上になるように機器を選定します。
給気は床下を通じて各室に行われます。

▲ページトップへ